タグ ‘ iPad

Mac雑誌発売日ですね

てことで、今月のMac Fanマガストアで購入してみました。少しだけど安いですしね。

ところでこういった電子書籍、紙媒体をスキャンして気に入った記事だけをEvernoteにスクラップするようなこと、できるのかなぁしてもいいのかなぁ。画面キャプチャすればいいんだろうけど。


気分はスター・トレック!! な iPad App「Captain’s Blog」&「 LCARS Internet Media Reader」

iPadが発表された時、全世界の(開発が出来る)トレッカーがアップを始めたのは記憶に新しいところですが<大嘘、まあ探せばやっぱり見つかるもんですね。スター・トレック世界(TNG〜VOY)のコンピュータユーザインターフェイス「LCARS(エルカース)」デザインのメモ/リーダーアプリです。

まずは、惑星連邦航宙艦艦長なりきりアプリ「Captain’s Blog」。

アカウントを設定しておくことによりTwitterにつぶやくことが出来ます。が、タイムラインを見たりリツイートしたりは出来なさそうで、あくまで投稿のみのようです。文中に宇宙歴(スターデイト)を模した日付を挿入したりは良いですね。その他にFacebookやMail送信にも対応しています。

お次ぎは「LCARS Internet Media Reader icon」。これも同じようなアプリなんだけど、ちょっと機能が多いみたいですね。”〜Reader”の名の通り、Twitterであればタイムラインが眺められます。その他Facebook、Flickr、ニュース検索、Picasaユーザー、Podcast、
YouTube検索などに対応しています。ピコピコ音も出て、アプリの出来としてはこちらのほうが上ですかね。

あくまでスタートレックの世界観を楽しむアプリで、(普通のアプリ的に)細かいことはイインダヨ、ということで。

それにしてもこのデザイン、登場したのは80年代なのだけど、まだまだ輝きを失っていないなぁ。デザイナーのマイケル・オクダは良い仕事したと思いますよ。

続きを読む


iPadはオーパーツ

もうすでにいろいろなところで叫ばれておる訳ですが、ひで坊もあえて言わせてもらいます。

アップルはやっぱりすげぃ!

参りました。これが第一世代のプロダクトとは…。もはやオーパーツの域に達してるんじゃあるまいか。これから似たようなタブレット型端末が雨後のタケノコのように出てくるのでしょうけど、iPadと同じスタート地点に立てる機種がどれほどあるのか。思わずどうしてこういうのが我が社から出てこないのかと社長を小一時間問い詰めたい(笑

iPhone 3Gのモッサリ感に慣れてしまっていたひで坊にとって、iPadのするするぴゃーっとした動作は快感そのものであります。懸念してたソフトキーボードも、iPhoneのQWERTY入力に慣れていたので気になりませんでした。これなら、思考を妨げること無くメモ取ったりできそうです。
基調講演ででジョブズが「既に操作の仕方はみんなわかってる」と言ったのは本当ですね。

ところでみなさんはアクセサリどんなのをお選びですか?
アクセサリ選びも、最近のガジェットのお楽しみ としてすっかり定着しましたよね。

SOFTSHELL for iPad
ひで坊は保護ケース「ICEWEAR for iPad クリア」にしてみました。ゴムっぽいのとプラスティックっぽいのが混合された素材で、グリップ感が良いのですよ。

画面は定番パワーサポート「アンチグレアフィルムセット for iPad」ですっべすべ。
moshi muse [ミューズ] for iPad
それからお外へ行く時のインナーケースとして「moshi muse [ミューズ] for iPad」のサファリベージュを注文しました。

なでなでしたり、ニヤニヤしたり、とにかく楽しいガジェットです。うふふ。


iPadに電子カルテの未来を想ふ

まぁ、パッと頭に浮かんだ方が多いと思うのですが、その形状から「ああ、これは近いうちに本当の電子カルテの時代がやってくるなぁ」と感じた訳ですよ、iPad。
実際にiPhoneの時も医療関係のアプリとか海の向こうではドドドっと出てましたもんね。

突然なんでこんなお話をし始めるかというと、つい最近とある総合病院に治療に行くはめになり、そこでの出来事と来るiPadへの期待感から柄にも無い想いを巡らせてしまったという訳。

さて、その病院。とても大きな病院なので当然患者さんの数も半端無く、また各診療部門の横連携も必要ということでかなり機械化されていてとても感心しました。いろんな検査と診察でほぼ半日、院内のあちこちを巡ったんですが、すごいなぁと思ったのは行く先々で既に情報が先回りしており、名前を告げるだけで待たされ時間も「これ以上短縮無理だろ」なレベルで対応されたこと。もちろんスタッフの皆さん同士の人間的な連携もたいしたものでありましたが。

それだけに、ああそれだけに、現時点の電子カルテの欠点、とも言うべきものが見えてしまったのであります。

「電子カルテ」なのでそれは当然中心にコンピュータがあるわけで、受付とか診察室とかそこかしこにクライアント端末としてのPCが鎮座しておる訳です。
PCと電子カルテ自体はずっと通ってるメンタルの先生や内科のクリニックでも導入されているので、ソレ自体は「ふぅん」な感じではあったのですが…。

続きを読む


攘夷の日、ならず

奇しくも昨日の「龍馬伝」では、5月10日が(一応の)”攘夷決行の日”として描かれていましたね。しかし立ち上がったのは血気にはやる長州藩のみ、その日を境に開国・公武合体へと世の流れが大きく舵を取り始め、それとともに武市半平太の転落が決定的となった回でありんした。

そしてリアル5月10日の本日、またしても黒船来航。全くこの國はいつまでたっても海の向こうからやってくるモノがないと変革は期待できないのでしょうかねぇ。

…と、柄にも無く憂いてみるが腹の内は再来週の金曜日を思い浮かべてほくそ笑むひで坊なのでありました。


return top

Get Adobe Flash player