タグ ‘ Evernote

できるポケット+ Evernote活用編【電子書籍単体販売用/PDF版】を買ってみた

インプレスダイレクトで先行販売されている「できるポケット+ Evernote活用編【電子書籍単体販売用/PDF版】(通称黒本)」を購入してみました。お値段は600円。製本版が1,260円なので、これは良い値段だと思います。

できるポケット+ Evernote 活用編 できるポケット+ Evernote 活用編
コグレマサト いしたにまさき 堀正岳 できるシリーズ編集部

インプレスジャパン 2010-06-18
売り上げランキング : 289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まだパラパラとiPadでナナメ読みしただけですが、この手の本はもう完全電子化しちゃったほうが良いんじゃないかナー。じっくり腰を据えて読みたい小説とかはまだ紙本のほうに軍配があがりますけど、短い章をつまみ食いするように読んだりするのには最適ですよ。ファイル形式もPDFでビューワーソフトを選ばないし。コスト的にも職場や学校など紙媒体が大量に散乱する現場も助かるでしょう。

ちなみに、オマケ…ではなですがサイズが小さい「軽量版」ファイルが付属してます。Evernoteにアップしとくにはちょうど良いです。

さてせっかくなのでEvernote私見。ある程度の量のノートが溜まってくると、単なるWebスクラップブックサービスじゃないなーというのが、なんとなく見えてきます。ひで坊の場合、だいたい300ぐらいが分岐点で量が質に転換した(とエラそうに思ってます。エヘン)
日々、いろんな使い方がネットで案内されてますし、そういうのを横目で見つつ、「ああなんか最近の俺様ってこんなことに興味持ってるみたいだのう」と気がついたとき、深堀を始めるかさらに広く収集を続けるか。いろんなところからいろんな情報をクリップし、検索する、ということが趣味でも実益でも押し付けること無くゆるーく手を広げているのがEvernoteの良いところだと思います。


最近ハマリぎみのツール2種

去年の7月下旬頃から使い始めた「Evernote」のメモがそろそろ300件に達しようとしております。ほとんどがWebで気になった記事のスクラップなんだけど、2〜3週に一回ぐらいタグ付けを兼ねて読み返すとこれがなかなか便利と言うかステキでおじゃる。
evernote_128
主にライフハックネタが多いんだけど、その他に「あ、これ気になる」って本とかガジェットの記事やらウツネタやら、この数ヶ月の自分の興味がどういう風に変遷してるか良くわかります。

スクラップしたメモはWeb上にあるので、職場でもどこでもネットにさえ繋がれば「あ〜〜〜なんかどっかで読んだ気がする〜」という時にささっと参照出来たりしてこりゃ便利便利♪

ただひとつ、職場のPCのブラウザがIE6なんだけど、Evernoteのサイト、レイアウトが崩れちゃうんだよね…。FirefoxかChrome入れさせてくんないかな。

>>複数のマシンで同期できるメモ「Evernote」
>>Remember Everything. | Evernote Corporation

さてもうひとつは「Tags 」。OpenMetaに準拠してて、ファイルからなにからホットキーでタグ付けが簡単に出来ちゃうのだ。
tags_128
昔からのクセで、ファイルなんかはついついフォルダで分類しちゃうんだけど、これがあればスマートフォルダのほうが便利ですね。フォルダで分類すると、どうしてもどこに保存したか忘れちゃうし後から仕分けし直すのも大変だけど、タグがついてりゃSpotlight検索にもちゃんと引っかかってくれるしもうこれでHDDの中身は整理整頓不要であります。

>>ホットキーでどこでもなんにでもOpenMeta準拠のタグ付けができ、検索もスマートに表示してくれる『Tags』 | Macの手書き説明書
>> Tags | Overview

だれかボクのお部屋のガラクタもホットキー一発でタグ付けしてくれるソフト作ってくれないかな…。


return top

Get Adobe Flash player