タグ ‘ Apple

ちっこいだけじゃないみたい。iPad mini

ちうことで出ちゃいましたなーiPad mini

「Retinaじゃないー」とか「ちょっと高いー」とか「なんでCPUがA5−」とかいろいろ聴こえたりしてますね。んでもきっと来月実機を見て触ったらそんな事どうでも良くなっちゃうんだろうな。そんな気がします。
個人的にiPhone5でグっときたダイヤモンドカッターによるエッジの面取りも取り入れてくれたのは、ひで坊のお財布的にヒジョーに危険では ありますが、単なるiPad2の小型廉価版ではないってことですね。

面白いのは画面解像度を1024×768(XGA)とiPad2と同じにして、かつサイズが7.9inchってことで画素密度が163ppiになったんだけど、これ、iPad2(132ppi)よりも若干密度が高くて、さらに初代iPhone〜3GSとおなじなんだよね。んでもってiPhone4からのRetinaディスプレイの画素密度、326ppiのちょうど半分。なんかアップルらしいと言うかなんというか。ともあれ、「Retina」ではないけれど、iPad2よりも綺麗なんじゃないかな。

それと、特筆すべきと思うのは「Siri」を搭載したこと。iPad2、そして「新しくなくなっちゃったiPad(33代目)」で寂しい想いをしていたSiri姐さん不在が解消されました。これは評価できますね。

てな感じでじわじわと来るものがあるminiなのであります。対抗馬とされるGoogle Nexus7よりも諭吉一人分お高い(16GBモデルで比較)わけですが、いろいろといじくり倒したい人は最初からそっちへ行くだろうし、『iPadが欲しい』って人はそのまんまiPadを購入すれば幸せになれると思うんだよね。逆に言うと、諭吉一人分の価格差しかないとも言える。(諭吉じゃなくて樋口さんの差だったらNexusやばかったのでは…)

などとつらつら綴ってみたりする訳ですが、物欲神的には一応今度の新しいiMacを買おうかと思っていたりするもんで、その辺はまぁご了承くださいませw

それにしても不憫なのは3代目よのう…(´・ω・`)


「新しいiPad」とかSiri日本語対応とか

やぁ、来ましたな。「新しいの」。

スペックに関しては予想や噂とほぼ同じだったので、一部では「サプライズなし」等と言われておるようですが、さにあらず。きっと実機を見て初めてサプライズを感じるんだろうあと思う訳ですよ。それがApple製品の魔法なのであって、そいつに何度やられてしまった事か。なんたってひで坊のiMac含めそこら中のPCのモニターを軽く凌駕しちゃってるんだもんねぇ…。
でも ひで坊は2代目を持ってるので今回はスルーいたしますがね(キッパリ

そして対応のSiri日本語版。実はこれが一番そそられた。

ついこの間iPhone4Sをぐっと我慢したのに、ネットで4SユーザのみなさんがSiri姐さんとのお話を楽しんでるの見かけると、うう、我慢我慢。4の割賦はあと6回分あるぞ。+2ヶ月したとしてその頃にはきっと次のiPhoneが出てくるさ。

そんなこんなで、毎度の事ながら新製品が出ると物欲に激しく身もだえる今日この頃でありました。


iTunes 10.5

さぁアップデート祭りの始まりだ!まずはiTunes10.5!

iTunes 10.5 の新機能
iTunes in the Cloud。iTunes で購入した音楽およびテレビ番組は、iCloud に保存されるため、お使いのデバイスで、いつでも、どこでも、楽しむことができます。しかも無料です。
自動ダウンロード。デバイスやコンピュータから音楽を購入すると、その音楽のコピーがお使いの PC および iOS デバイスに自動的にダウンロードされます。
以前に購入した項目をダウンロード。過去に購入した音楽、テレビ番組、App、およびブックを無料で再度ダウンロードできます。以前に購入した項目が iTunes Store にない場合は、ダウンロードできない可能性があります。
iOS 5 搭載の iPhone、iPad、および iPod touch と同期。
Wi-Fi で同期。同じ Wi-Fi ネットワーク上にある場合は、お使いの iPhone、iPad、または iPod touch を iTunes と Wi-Fi 経由でいつでも同期できます。
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP を参照してください。

iCloudも準備できたみたいだし、OS X Lion10.7.2ももうすぐリリースなのかな。


スティーブ・ジョブズ 逝く

初めて自分のお小遣いで買ったMacはPerforma6210でした。電源を入れて『Welcome to Macintosh』のスタートアップ画面を目にした瞬間、電撃が走り、鳥肌が立ち、僕の脳はショートしてしまいました。以来ショートしっぱなしで現在に至っています。

僕の中ではスティーブ・ジョブズは起業家と言うより、ロックスターである。ジム・モリソンやジョン・レノン、ミック・ジャガーにキース・リチャーズ、そして忌野清志郎と同じなのである。

スティーブ、あなたと同じ時代を共有できたことは、僕にとってとてつもない幸運でした。世界が変わるのをこの目で見られたのですから。しかも、何度も。
あなたが育てたAppleは、きっとこれからも世界を変えていくと信じています。

どうかやすらかに。ありがとう、スティーブ。


「Let’s talk iPhone.」


ということでiPhone 4Sが発表されましたね。中身的にはデュアルコアA5チップや800万画素カメラ搭載でまぁ順当なアップデートだと思うんですけど。

んで、iCloudやiOS5もとっても楽しみなところでありますが、ひで坊的には驚愕のインテリジェンス・アシスタント機能「Siri」がとてつもなくwktkしたのであります。

なにこのHAL9000。なにこのスタートレック。

音声入力や音声コントロールを飛び越えて、Appleさんがまたオーパーツ作っちゃったよ。

デモでは女性の声でしたが、男性版もあるならダグラス・レインさんでお願いしますw。
(惜しむらくはスター・トレックのコンピュータボイスを演じておられたメイジェル・バレット・ロッデンベリーさんがずいぶん前に亡くなられているところか…)

今のところはベータバージョンでのリリースで対応言語も限られてますが、日本語ローカライズには是非ボーカロイドに参戦していただきたいw。

>>【PC Watch】 iPhone 4Sの隠し球機能「Siri」とは?

やーネットでのガッカリ感が半端無かったけど、なかなかどうしてやっぱりAppleすげぃと実感した発表でしたよ。


return top

Get Adobe Flash player