タグ ‘ 釣り

三戸浜堤防イワシ祭り

夕日!

夏だ!暑いぞ!海行くぞ!! ということで、ブロンプトンとともに赤い稲妻に乗って三崎口からほど近い三戸浜に繰り出したのでありますがっっっ

真っ青な空と真っ青な海と照りつける太陽のもと、半日目一杯釣りしてきましたであります。
足下の澄んだ水の中をビュンビュンとイワシの群れが泳ぎまわり、サビキを放り込めば鈴なりに。そしてそのイワシを狙う(ねだる)小さなまなざし…。

あああああぬこ!しかもこぬこ!!!

釣り人からいつもご飯をもらっているからか、スゲー人なつこい。これは萌え死ぬるます。

てことで肝心のお魚の写真はソコソコに、ぬこ写真ばかりになってしまった日曜日でありました。

また行こうっと♪


青野川遠征


11/26〜27の土日、南伊豆のハゼ釣りの聖地・青野川に遠征してきたでござるよ。

新宿発08:30のビュー踊子号で華麗に下田に向かい、そこからはバスで約20分。里山の間を流れる清流に出会いました。青野川は南伊豆と言う暖かい土地柄のせいか噂では1月頃まで楽しめるということと、釣れるハゼがとんでもなくデカいということでハゼ釣りファンの間では結構有名で、ここ2・3年はぜ釣りにハマっているひで坊としてはいつかは巡礼しなければと思っていたのであります。
去年は寒さに凍えながら鶴見川でシーズンを丸まる過ごしてしまったけれど、今年は東京・横浜方面のハゼが全くやる気を見せないのでならばいっちょ…という次第。

お昼食べて2時ぐらいに現地着いて、早速竿を出してみましたところ、ややや釣れましたよ20cm級。ハゼとは思えないゴッゴッという豪快なアタリと、これまた東京湾のハゼとは違うやる気に満ちたファイトをみせてくれやがりました。くはーっ楽しい。

初日はポイント探して河口の弓ケ浜あたりまでぶらぶらと散策。翌日曜日に弓ケ浜大橋のたもとでハゼだまりを発見し、丸一日堪能させていただきました。やー釣れる釣りって楽しいですね。

続きを読む


平潟湾


東京湾のハゼ、今年は何処もマジ不調のようです。そんな中でも健闘しているのではないかと言う金沢八景の平潟湾へ行ってきました。

お昼前ぐらいにモノレール下の一角に陣取り、ちょい投げで狙う事しばし。ほとんど一投ごとにアタリはあるのでハゼはたくさん居るようですが、上がって来るのはこの季節にしては小さい10cm前後ばかり。捌くのも面倒だしとチビハゼはリリースしながらモノレール下を行ったり来たり。夕方までねばってなんとか15cmクラスを10匹、12〜3cmを20匹程度キープ。


例年なればこの時期、20cmちかくまで大きく成長したハゼに湧く季節なのですが。来年に期待なのかなぁ。


惨敗

先週良い想いをしたからといって今週も…というわけにはいかんかった。


お昼過ぎに多摩川河口に着いてみると、なんかやけに水が赤茶けている…。赤潮か?
立ちこみしてみると異様にヌルイ。本命のハゼも、外道のダボも、セイゴも、カニですら気配がない。

周りの釣り人もほとんど釣れていないようだ。

結局日向ぼっこしただけで帰って来てしまった。


2011年ハゼ釣り海老取川にてシーズンイン!の巻

ここいらアタリでは今年はどうもぱっとしないような感じだったのですが、ナニワトモアレ実釣あるのみと出かけてみました、海老取川。

なるほど晴れた日曜にしては釣り人の数が少ない。今日は小潮なのであんまり潮動かないけど、それだけが原因ではあるまい。まさかほんとに釣れてないのかな…と一抹の不安が頭をよぎる。


ところが糸を垂らすや否やアタリがあって上がって来たのは12cmぐらいのりっぱなハゼどん。

なんだ釣れるじゃん。

というわけで、なんだかんだで二時間あまり、17cmを筆頭にアベレージ12cmで約30匹を釣り上げてお持ち帰りであります。帰宅したちょうどその時にザァーっと来たのでラッキーでした。

早速捌いてからあげにして、レモンをぎゅっと搾ってオクチに放り込み、間髪入れずにびぃるぷはぁすれば、そりゃもうあんた至福の一時ってものでございますよ。


return top

Get Adobe Flash player