タグ ‘ うつうつな日々

復職に向けて

早いもので人生の夏休みも3ヶ月が経とうとしています。ここまで来ると逆にのんびりしすぎて社会復帰できるのだろうかとも気になり出しますよ。
先週のカウンセリングでその旨先生に伝えたところ、「まぁまぁ順調に回復してきているので、職場の方に復帰後の体制とかプログラムとかがちゃんとあるのであれば、来年1月中旬から復職というスケジュールで行ってみる?」ということになりました。

で、今日は半月遅れの王子部長と弟子2号との面談。復職しても「やっぱダメですぅ〜」という事例も少なからずあるそうで、まじめな王子様はちょっと心配そうにしていましたが、その横で弟子2号はガビガビ焼酎を飲みながら「多摩センターの居酒屋さんでまた好みの娘を見つけたの〜ヽ(^∀^ )ノ今度行こうね」とあさっての話をしているので、まぁ大丈夫だろうと。<何が?
注)弟子2号は飲んじゃってますが、あくまで「面談」です。

もともと職場の激務だけが直接的な原因じゃないし、今回のお休みは相当なリフレッシュになりました。糖尿病も鬱病もスパッっと直る病気ではないので今後も治療は続くんですが、焦らず気長につきあいながら直して行こうと思います。


引きずられたぁ〜。…orz

昨夜からまた邪魅の雫を読んでいたけど、ちっとも頭に入らなくて先に進まない。あきらめて今日は朝から窓辺で日を浴びながら、うつうつひでお日記をつらつらと読む。そしたら暗黒星雲人がやってきてどよんとしてしまい、鏡を見ると目がデッドフィッシュになっているのでレキソタンを飲んで布団に逃げ込んだ。

日が暮れてからのそのそ起き出す。緊張して寝ていたのか、寝汗をかいていたので今日は家風呂でなく銭湯に行く。のんびり浸かっていたらすっかりのぼせてしまったが、少しだけしゃっきりした。

天気良かったのにちょっともったいない一日だったなぁ。


ツレがうつになりまして。

「おいらもうつになりまして。」と休暇に入ることになった時、恵比寿の王子様部長に勧められて買った本。

ツレがうつになりまして。
4344011430 細川 貂々

幻冬舎 2006-03
売り上げランキング : 73939

おすすめ平均star
starよかったです。
star作者のマイナスの励ましに感心
starウツの入門書

Amazonで詳しく見る by G-Tools

買ってすぐはとても本が読める状況ではなくて、眼を通してもちっとも頭に入ってこなかったのですが、回復してきてからは結構何度も読み返してます。ほのぼのした絵でユーモラスに書かれておりするりと読めますが、うーん経験者としてはかなりリアルで奥深い内容デス。鬱真っ最中〜回復期にある時は本人笑えないのでもしかしたら無理に読まない方が良いかも。むしろ、身近に鬱病と戦ってる人がいる方には是非読んで頂きたいと思います。

不思議だなーと思ったのは、よく、「鬱は生真面目な人がなりやすい」と言われて、鬱になっちゃったツレさん(著者のご主人)はまさにそんな人。でもひで坊は結構ちゃらんぽらんでいい加減でのんべんだらり、理想は浮浪雲なはずだったんだけど、そんなんでも鬱病になっちゃったこと。世の中何があるかわからんですなぁ。

続きを読む


風邪がぶり返したか?それとも…

?ー。なんかだるい。
熱は無いみたいだけど頭がイタイ。体もイタイ。なんかやる気起きない。

この間の風邪と症状はちょっと似ているけど、それよりもモチベーションが妙に低下しているのが気になる。ベッドから這い出すのが精一杯。体を上手く操縦出来ない感じ。

鬱病の治療中は振り子のように良い時と悪い時が行ったり来たりするそうだが、それだろうか?
でも動く気がしない以外は気持ち的に苦しいところはない。

風邪だと思って気にせず今日は寝ちゃおう。


return top

Get Adobe Flash player