恐怖の硝子体手術

△...んなわけないwww

△…んなわけないwww

すっかり更新をさぼっておりましたが生きてますw

恐怖の頭脳改革」はエマーソン・レイク&パーマーの歴史的名アルバムでひで坊も大好きなんですが、そんなこととは全く関係なく、でもフレーズ的にまさに恐怖な手術で入院してました。

その名も硝子体手術ということで、お目目の中のゼリー状の物質の具合がよろしくないってんで、黒目の横っちょから極細の器具を差し入れて中身を入れ替えちゃうという聞くだけで身の毛もよだつ手術でござる。

思い起こしてみれば生まれてこのかた手術らしい手術は実はこれが初めてなので、内心ソートービビってたんでしたが、そこはそれ、現代医学ですから麻酔はばっちりでちっとも痛くはなかったんであります。んでも、目って我慢のしようがない部位ですのでね…。ちょうドキドキしてましたが、強烈なライトで視界が真っ白になったその後に、なにやら横っちょの方から黒い棒のようなものがモゾモゾと入って来てお目目の中の微細血管等を掃除する様がマジマジと眺められてなんだか不思議な感覚でした。

事前の情報によると、硝子体を綺麗にした後は眼球が綺麗な球体になるようにガスを入れて1週間ほどうつぶせ状態で過ごすとか言われてましたがどうやらそこまでのことは無かったらしく、2日間安静にしてベデタク放免となりました。

来週いっぱいはあまり外出しないで家でおとなしくしてなさいということなので、まぁいままでどおりだらだらと過ごす訳ですが、そこんとこはまたひとつドウゾヨロシコお願いしますでござりまする。


ちっこいだけじゃないみたい。iPad mini

ちうことで出ちゃいましたなーiPad mini

「Retinaじゃないー」とか「ちょっと高いー」とか「なんでCPUがA5−」とかいろいろ聴こえたりしてますね。んでもきっと来月実機を見て触ったらそんな事どうでも良くなっちゃうんだろうな。そんな気がします。
個人的にiPhone5でグっときたダイヤモンドカッターによるエッジの面取りも取り入れてくれたのは、ひで坊のお財布的にヒジョーに危険では ありますが、単なるiPad2の小型廉価版ではないってことですね。

面白いのは画面解像度を1024×768(XGA)とiPad2と同じにして、かつサイズが7.9inchってことで画素密度が163ppiになったんだけど、これ、iPad2(132ppi)よりも若干密度が高くて、さらに初代iPhone〜3GSとおなじなんだよね。んでもってiPhone4からのRetinaディスプレイの画素密度、326ppiのちょうど半分。なんかアップルらしいと言うかなんというか。ともあれ、「Retina」ではないけれど、iPad2よりも綺麗なんじゃないかな。

それと、特筆すべきと思うのは「Siri」を搭載したこと。iPad2、そして「新しくなくなっちゃったiPad(33代目)」で寂しい想いをしていたSiri姐さん不在が解消されました。これは評価できますね。

てな感じでじわじわと来るものがあるminiなのであります。対抗馬とされるGoogle Nexus7よりも諭吉一人分お高い(16GBモデルで比較)わけですが、いろいろといじくり倒したい人は最初からそっちへ行くだろうし、『iPadが欲しい』って人はそのまんまiPadを購入すれば幸せになれると思うんだよね。逆に言うと、諭吉一人分の価格差しかないとも言える。(諭吉じゃなくて樋口さんの差だったらNexusやばかったのでは…)

などとつらつら綴ってみたりする訳ですが、物欲神的には一応今度の新しいiMacを買おうかと思っていたりするもんで、その辺はまぁご了承くださいませw

それにしても不憫なのは3代目よのう…(´・ω・`)


ディスカバリー号中禅寺湖を行く

カナディアンは絵になるねえ

世の中ではアイホンガーヨヤクガーと祭り状態の三連休ですが皆さんいかがお過ごしでしょうかひで坊ですこんばんは。
iPhone5の予約も気になるところではありますけども、「実機見てから実機見てから」と言い聞かせ、悪友汁くんのお誘いで中禅寺湖に行ってきました。
目的地は中禅寺湖北岸のほぼ真ん中アタリにある菖蒲ヶ浜キャンプ場。結構広いフリーサイトでお風呂もある人気の湖畔キャンプ場、つーことで贅沢に二泊三日の行程であります。

湖畔、てことでひで坊はディスカバリー号を持ち込み、二日目の朝と午後に思う存分漕ぎまくったのでありますが、水はナカナカ綺麗で、キャンプ場の西側の急崖をぐるっと回ったところには「ナニコレヤバス」というような秘密っぽいビーチを見つけたり、キャンプ場の中を流れる小川にバカでかいマスと思しきお魚が遡上するのが見られたりといろいろと楽しんだ三連休でありました。

 


本栖湖カヤックキャンプ

8月の初め頃のことである。おいら、ぽそっとつぶやいたのさ。

「カヤック、買っちゃおうかな」

それを聞いていた同僚。

「へー。」

「なんか、結構安いのあるんだよ」

「ふーん」

そして2週間ほど経ったある日。

「ひで坊さん。おれ、買っちゃったっす」

「俺も買っちゃったっす」

などどのたまう輩が現れ、それに巻き込まれた輩2名+買っちゃった1号の奥様を加え計6名で本栖湖に行くことになったのであります。

そして9月1日。本栖湖の「いこいの森キャンプ場」とゆーところに艦隊集結。あいにくの曇り空で富士山は見えなかったけど、風はさほどでもなく湖の真ん中アタリまで航行してめいっぱい堪能して北であります。
やー、本栖湖、水綺麗だね♪

夜はお約束のBBQでわいわいやってましたが、隣のサイトでは合コンキャンプと思しき集団がキャッキャウフフしてるのを尻目に、寄る年波に勝てず一同9時ごろにはネムネムモードでお開きに。

歳は取りたくないねぇ(しみじみ

でもって夜半から降り出した雨で次の日は早々に撤収。朝一番の鏡のような湖面を漕いでみたかったのですが、それはまたの機会に…てことで帰路についたのでありました。


カヤック進水式。そして処女航海

おいらやっちまったよ。今年上期の物欲はブロンプトン降臨で満足したつもりだったのに…。

カヤックを買ってしまいました。

命名:ディスカバリー号

米Advanced Elements社製・キャプテンスタッグ提供のラグーン2型空気膨張式汎用娯楽決戦艦「ディスカバリー号」である!

全長3.66m、全幅0.86m、船体重量14kg、総排水量0.17t、最大速度2kt(乗員の気合いに依存)

ポリエステル繊維で包まれたチューブに空気を入れ膨張させることにより船体を形作る、インフレータブルカヤックと呼ばれる種類です。
ばかでかい段ボール箱とともに届けられたカヤックを、マンションの共用ウッドデッキでお披露目してムフフしたあとは、進水式として(これから結構通うであろう)多摩川へ。えっちらおっちら電車で向かい、これより下流には堰がない丸子橋左岸より出航しました。

続きを読む


return top

Get Adobe Flash player