久々の出張

昨年9月8日以来の出張で京都に行ってきました。相手先とのアポイントは15時だったのですが、内輪で事前にすりあわせしておこうということでお昼すぎに京都着の新幹線。やーかつては週イチで京都通いしてたこともあったのに、一年ぶりともなると新幹線に乗ってる時間が長い長い。

打ち合わせの方は予想どおりとユーか、「コンサルティング」とはほど遠いストレスの溜まる内容でした。以前から懇意にしていてこちらへの期待度も高い相手先から10年前と同じ要望を頂いて、10年たってもソリューションを提案できない状況ってのはツライもんであります。都内の客先にももう夏頃からちょこちょこ出かけて同じ内容のプレゼンとかしていて、まぁその際もたいした提案が出来ないのがただ今の我がチームの状況であるわけなんで、ある程度結果は予想はしていましたが。
ひで坊たちのターゲットにしている個別対応先はやっぱり全社的に想定しているマスのユーザ層よりも難易度か高く費用対効果の面からも優先度が低くなってしまいがち。でも、ブルーオーシャンだと思うんだけどなぁ。競争相手いないし。

またうつうつな気持ちになっちゃう前にちょっと社内で暴れてみようかな…。


    • 2号
    • 2007 10/18 12:55am

    久々の出張お疲れ様でした。特別なことではなく当然のご指摘を受けても、何もお答えご提案することができませんでしたねー。10年前、5年前と同じで、打ち合わせもそうですが、真剣に考えている相手に申し訳なくてほんとに辛いです。...。

    5年前は、これからどの客先でも

    ○客先からの話をきく-> ●当方:お茶を濁す-> ○客先から要望を承る ->●当方:煙に巻く -> ○客先から強い要請を受ける -> ●当方:取るに足らない代替案を提示 ->○客先からクレーム ->●当方:お詫び ⇒ ☆大クレームに発展

    となるのですが今回も同じ轍を踏まないように(限界ある知恵と工夫だけで)何とかしないとね。憂鬱ですがあきらめずにがんばりましょう。

  1. トラックバック 0

return top

Get Adobe Flash player