遊星からの物体X ファーストコンタクト

懐かしのSFムービーよ今一度第2弾。ジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル主演の「遊星からの物体X」(1982年)の前日譚となる「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を観てきました。

…今度はカニでした。

や、でも普通に面白かったですよ。アメリカでは大コケして日本公開も危ぶまれていたんですが、「プロメテウス」よりもよっぽど楽しめました。

イカ以下ネタバレ含む!!

1982年。ノルウェーの南極観測隊が、氷の中に閉じ込められた宇宙船と未知の生命体を発見した。古代の生物ではないかと推測され、その調査のために考古生物学者ケイトが彼らの基地に向かう。だが、死んでいたと思った生命体は長い眠りから覚醒。しかも、”それ”は他の生物の体内に侵入しては、細胞を同化して宿主そのものに擬態する、恐るべき生命体だったのだ。

82年版のアメリカ隊が目にした、壊滅状態のノルウェー隊基地。
そこでいったい何が起こったのか?
おぞましく変形し焼けこげた死体。
壁に刺さった血まみれの斧。
そして、生き残りのノルウェー人パイロットが逃げる犬を執拗に撃ち殺そうとしていた訳は?

その後アメリカ隊を襲う惨劇で、同様の事がノルウェー隊にも起きたのだとわかるのですが、それを82年版へのリスペクトたっぷりにストレートに描いています。上映時間103分とイマドキの映画にしては短い方ですが、密度濃く、テンポも速すぎず遅すぎず良い感じでした。

82年版でロブ・ボッティンが作り出した、驚異の特殊メイクによる”物体X”も、本作のスタッフはCGに頼りすぎることなくアニマトロニクスやパペットなども駆使して「質感」「量感」を感じさせるよう努力しています。若き天才ロブ・ボッティンのやりたい放題を、当時すでにホラー映画の巨匠だったカーペンター監督が全力で演出した82年版に比べると突き抜け度合いは劣りますが、『そんな同化のされ方はいやあああぁぁぁぁーーーーー!』というシーンもあって変身・同化シーンはお楽しみ。
そして(やや苦しいながらも)ラストシーン、あのエンニオ・モリコーネの「べんべん べ べん♪」という主題曲付きで82年版のオープニングとカメラアングルまでそっくりに再現して繋がりました。この辺り、スタッフの皆さん良くわかってらっしゃる。つか、全員中2ゴコロ満載だろ。

主演はくりっとしたお目目がかわいい(けど南極に行ってからは全く笑顔を見せない…って当たり前か)メアリー・エリザベス・ウインステッド。女性が主人公ということで、82年版のカート・ラッセルはじめとするアメリカ隊の「むさ苦しさ」による雰囲気(だが、それがいい)が若干和らいでますが、良い演技してます。
監督はオランダのCFディレクターで劇映画は初となるマシーズ・ファン・ヘイニンヘンJr.。もう少し疑心暗鬼度と南極基地という舞台による閉塞感を出して欲しい気もしましたが、十分及第点だと思います。

ところで、今でこそ評価の高い82年版ですが、当時は「E.T.」と公開時期がバッティングして興行的には散々だったのですが、本作も同時期に「アベンジャーズ」「ダークナイト ライジング」等の話題作が公開中でひっそりと上映を終えてしまいそうなのが何とも…。
それでも、観終わった後にすぐさま82年版で続きを楽しみたくなる佳作です。

また何年かしたら、今度は日本の南極観測隊でリメイクしてくれないかな。
長期にわたる悪天候により撤退・越冬断念を余儀なくされた日本隊。極寒の地に餌もなく残された15頭の樺太犬たちの運命。そして一年後再開された観測隊の前に現れた、タロとジロの2頭は実は…。

お後がよろしいようで。べんべん♪


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top

Get Adobe Flash player