1分間の乱数生成テスト

…てのをやってみました。胸にワイアレスのちっこい心拍計をつけて、どうやらそれは心拍数と同時に交感神経と副交感神経の様子もモニターできるらしく、乱数生成に伴うストレス度合いを測る事ができるそうです。デジタルガジェット好きには興味シンシンで急速にフンフン化したのですが、約1分間の瞑想の後0〜9の数字を使って100個の乱数をリズムに合わせて生成。

結果は先生曰く「恐るべしの集中力と作業記憶」とのことで、乱数生成の成績は特Aを頂きました。その反面、交感神経と副交感神経のバランスがあまり良くなく、テスト開始とともに交感神経アクセルべた踏みなんだそうです。テスト前後の瞑想中、副交感神経への切り替えがはっきりとしていないので、今回のテスト結果としてですが、今後の課題が見えました、そうです。

このあと、今回採取したデータをもとに各種分析・フィードバックを行い治療を続行との事ですがひとまず服飾可の診断書を頂けました。


    • nag.
    • 2010 11/22 8:10am

    ( *`ω´) 特Aスゲェ!

    さすが超人。

  1. × 服飾可
    ○ 復職可

    …orz

  1. トラックバック 0

return top

Get Adobe Flash player